介護事業

■居宅介護介護支援事業所

居宅介護支援事業所とは、県の指定を受けた介護支援専門員(ケアマネジャー)がいる事業所です。
介護サービスを受けるために必要な「要介護認定」の申請代行や、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼する際の窓口となります。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

保健、医療、福祉分野で一定の実務経験があり、所定の試験・研修を修了した介護の専門家です。

利用者の状態にあわせて居宅サービス計画(ケアプラン)を作り、サービス事業者の手配をしたり、利用者がサービスを適切に利用できるように支援する役割を担っています。施設サービスを希望する利用者には、施設を紹介します。

居宅サービス計画(ケアプラン)

在宅サービスの中から、利用される方の心身の状態・家庭環境にあったサービスを組み合わせて、在宅生活を支援するものです。

■「居宅介護支援ステーションはな」


■訪問介護

要支援・要介護の方の自宅にホームヘルパーや介護福祉士の資格を持つ者が訪問し、日常生活の家事全般をお手伝いします。

訪問介護

訪問介護は、ご利用者様が家事などの手段的日常生活動作(IADL)や日常生活動作(ADL)に障害がある場合に、入浴・排泄・食事などの介護、調理・洗濯・掃除などの家事や生活に関する相談・助言・日常生活上のお世話をすることをいいます。

■訪問介護ケアサービスひまわり


■グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

認知症と診断された方が対象となり、少人数で共同生活を送る施設です。
食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活をスタッフと利用者が共に行い、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で安心して暮らすことができます。

グループホーム

認知症と診断された方が対象となる施設で、5~9人を1ユニットとし、最大3ユニットまでの入居者が家庭的な雰囲気の中で介護サービスを受けながら、今ある能力を生かし、お互いに助け合いながら、家庭的な雰囲気の中で暮らす施設です。

■グループホーム青い空と緑の大地

トップへ